「奇跡の一本松」切断

あの岩手県陸前高田市の「奇跡の一本松」が、枯れていることが分かり、とうとう今月12日に切り倒されます。


「奇跡の一本松」切断「高田松原」で津波に流されずに1本だけ残った、高さ27メートルの樹齢270年の松の木は、震災のあと、復興のシンボルにもなって、携帯電話ストラップなどネット販売され話題にもなっていたのに…

とても残念ですね!!

切り倒された後は、9つに分割され棒を通してつなぐそうです。

枝や葉は、型を取ったうえで複製品を作り、幹に取り付けられ、こうした方法で10年は保存が可能で、作業は愛知や京都の工場で行われ、来年2月までに元の場所に戻される予定です。

でも保存にかかる費用は、およそ1億5000万円。 これもまた、すごいお金。

そういえば、我が家の庭のツゲの木も、何故が一枝づつ枯れてきているのです。

近所の植木屋さんで、治るのかなぁぁぁ


アイリスプラザ【ガーデン用品】
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://miki.reddstar.com/tb.cgi/184

C O M M E N T


名前 :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  3000


   プレビュー


Copyright (C) 2015 MIKIのひとりごと . All Rights Reserved.